スポーツ

チームスローガンの「一心」体現、あの子たちを誇りに思う 春高バレー 奈良文化・中山健監督の話

関連ワード:

 惜しくも敗れた奈良文化。中山健監督は「サーブレシーブが安定せず、チームの特徴である速い攻撃に持っていけなかった」。第1セット後半には修正し、追い上げるも逃げ切られた。

 

 第2セットはリードする中、ブロックを中心にチームを支えていた津田聖佳が負傷のため離脱。1年生の木下永留紗が入り、懸命に声を出しながらチームを盛り上げたが、勢いに乗った八女学院が畳みかけジュースに。相手のマッチポイントで取ったタイムアウトで、「気持ちで引いたらあかん」「つなぐで」とキャプテン奥出望未を中心に声を掛け合い、気持ちを奮い立たせた。直後、得意の高速ライト平行で追い付くも、連続ポイントを奪われ、涙をのんだ。

この記事の残り文字数:222文字

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校スポーツ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ