政治

生駒市会、議員定数削減へ論戦スタート

関連ワード:

 生駒市議会(定数24)の定数2減案を審議する「議員定数に関する特別委員会」(福中真美委員長)が7日、開かれた。昨年の12月定例会に議員11人が共同で議案を提出。特別委員会は中谷尚敬議長を除く23人で構成されている。同市議会は市制発足から50年がたつ中で、これまで議員定数が変更されたことはなく、平成22年と30年には市民の直接請求による削減案も否決されていて、審議の行方が注目されている。

 

 特別委員会は議員同士が質疑応答したり意見を出し合う方法で開催。今後の審議の方法について話し合われ、「論点整理」では、市の現状と課題の把握▷他自治体との比較検証(人口や面積と議員定数問題)▷行革への協力―などについて調査を進めることになった。

この記事の残り文字数:405文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「まちづくり・地方創生」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ