社会

大和郡山市長 上田清さん(70) - わかくさ国体の記憶-次なるフィールドを目指して(4)

関連ワード:

山岳競技の競技役員として活躍した上田清さん=大和郡山市役所

別の写真を見る

 当時、県立郡山高校山岳部の顧問で、県山岳連盟の一員としてわかくさ国体の山岳競技の運営にかかわった。同競技は昭和59(1984)年10月12~17日に天川村、上北山村の大峯、大台ケ原山系で実施。3人1チームで、地図とコンパスを使って設定されたポイントを探していく「踏査(オリエンテーリング)」▷過酷な荷物を背負って山道を駆け、タイムを競う「縦走」▷岩場を登る「登はん」(少年男子、女子はなし)-の3部門が行われた。

 

 上田さんは同58年7月に郡山高校山岳部の生徒と長野県・常念岳を登山中、落雷で大やけどを負ったが、9月には退院し、大会成功に向けて奔走。会計を担当し、広告を集めるために営業回りもした。一方、当時は開催県の優勝が必達目標とされていたため、選手の強化にも力を注いだ。 競技当日は天川村の運営本部で進行を管理。「山深いためコース取りに苦労はあったが変化に富んだいいコースだった。地元の人も応援してくれ、選手たちに喜んでもらえたと思う」と振り返る。

この記事の残り文字数:371文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県代表スポーツ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ