教育

奈良県「いじめ調査」 認知件数は7640件、重大事態6件確認

関連ワード:

 いじめ防止に向けて協議する県いじめ対策委員会(田辺美紀委員長、委員5人)の令和3年度会議が23日、奈良市登大路町の県庁で開かれた。いじめの現状と取り組みについて県と県教育委員会から報告を受け、委員らが意見を交えた。2年度の「いじめに関する調査」結果によると、県のいじめ認知件数は7640件(元年度は8081件)。1000人当たりの認知件数は小学校・高校で全国平均を上回る。会議で県教委は、軽微な事案を含めた積極的な認知が数字に影響しているとの見方を示した。

 

 委員からはいじめの重大事態の件数について質問があり、県教委は6件確認されていることを報告した。内訳は生命・心身・財産の重大事態2件、不登校の重大事態5件(重複含む)。

この記事の残り文字数:347文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「いじめ問題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ