経済

デルタ株を不活化 県立医大、やまと真空工業がマスク共同開発

関連ワード:

変異株(デルタ株)を不活化させることに成功した銅合金の不織布マスク

 県立医科大学(橿原市、細井裕司理事長・学長)は真空蒸着加工業、やまと真空工業(香芝市、岩本三生社長)と共同で、銅合金をコーティングした不織布マスクを開発した。新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)を不活化させる効果があるという。

 

 銅合金が持つ抗ウイルス効果によって、マスク表面に付着したコロナの変異株が2分で10万分の1まで減ることを実験で確認した。

この記事の残り文字数:344文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新型コロナ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ