社会

幻想的な光に笑顔 馬見丘陵公園「クリスマスウィーク」

関連ワード:

イルミネーションを楽しむ来場者=21日、河合町佐味田の県営馬見丘陵公園

 「やまと花ごよみ2021 第7回馬見クリスマスウィーク」(県主催)が、河合町佐味田の県営馬見丘陵公園で開かれている。電飾約13万個を使ったクリスマスイルミネーションには多くの家族連れやカップルらが来場。高さ約5メートルのクリスマスツリーの前で写真撮影する姿も多く見られる。25日まで。

 

 日が暮れると、園内の植木などに飾られた電飾が鮮やかに点灯。一帯を幻想的な雰囲気が包み込む。母親と一緒に訪れた近くに住む幼稚園年中、大江媛花さん(5)と吉岡凛さん(同)は「クリスマスツリーや雪だるまがキラキラしてかわいかった」と笑顔で喜んだ。

 

 イルミネーションは日没スタート。午後1時からはサンタを探すイベントや大道芸パフォーマンス(23~25日)、広陵クリスマスフェスタ(24、25日)などさまざまな催しも行われる。問い合わせは県中和公園事務所、電話0745(56)3851。

 

 

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ