経済

奈良労働局が改正育児・介護休業法の相談窓口開設

関連ワード:

 奈良労働局(鈴木伸宏局長)は、令和4年4月から段階的に施行される改正育児・介護休業法に関する相談窓口を、同局雇用環境・均等室に開設している。育児休業制度のほか、男性の育児休業取得についても相談が増えているという。

 

 令和4年4月1日には雇用環境の整備や妊娠、出産を申し出た労働者への個別の周知・意向確認措置の義務化のほか、有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和が図られる。同10月1日には産後パパ育休(出生時育児休業)の創設とともに、育児休業の分割取得が可能になる。また、令和5年4月1日からは従業員数1000人超の企業で、育児休業等の取得状況の公表が義務化される。

この記事の残り文字数:507文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「労働・働き方・賃金」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ