社会

今年のすくい納めに、こちくや杯金魚すくい大会

関連ワード:

今年の一般の部で1位となった杉山さん(手前右)=19日、大和郡山市柳町の「こちくや金魚すくい道場」

 大和郡山市柳町の「こちくや金魚すくい道場」(下村康氏・道場主)で19日、今年の「こちくや杯金魚すくい大会ファイナルステージ&金魚すくい納め」があり、高校生以上の一般▷小・中学▷幼児―の3部門の1位を決めた。1~12月の上位成績者で一般と小・中学両部門にはそれぞれ約30人と、幼児部門に約10人が参加。トーナメント戦で全国大会と同じ3分間でポイ1枚ですくった金魚の数を競った。

 

 新型コロナウイルス感染予防のために中止となっていた昨年大会のファイナルステージも行われた。

この記事の残り文字数:263文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「趣味」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ