政治

G7関係閣僚会合誘致、取り組み注目 奈良県 - ニュース最前線

関連ワード:

G7関係閣僚会合の会議施設として誘致された県コンベンションセンター=奈良市三条大路1

 県は2年後の令和5年に日本で開かれる予定の主要7カ国首脳会議(G7サミット)の関係閣僚会合を、奈良市内へ誘致にすることを目指している。全世界に歴史都市・奈良の魅力を発信するのが狙い。平成28年に日本で開催された主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に伴う関係閣僚会議の誘致に取り組んだが、果たせなかった経緯がある。今回は昨春にオープンした県コンベンションセンター(同市)を使用する予定で、最大約2000人の収容可能な国際会議場の整備によって追い風が吹く。同市との連携も必要で、今後の取り組みに注目が集まる。(谷村隆城)

 

 ◆来年6月に世界フォーラム

 

 各国の持ち回りで開催されているG7サミットは、日本で開催される。財務、外務、教育、環境などさまざまな会合が国内約10都市で開催される見込みだ。「奈良市は日本で一番古い都市だが、(世界では)あまり知られていない。外国や国内の人にも歴史や文化を発信したい」荒井正吾知事は先月26日の定例記者会見で、関係閣僚会合の誘致を目指す方針を表明した。

この記事の残り文字数:1,191文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「ニュース最前線」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ