生活情報

「親亡きあと」を考える

関連ワード:

 障がいがある子や引きこもりの子を持つ親にとって一番気がかりなことは自分の死後のこと。高齢の親が引きこもりの中高年の子どもを支えている「8050問題」を耳にしますが、年齢が上がり「9060問題」となる日も遠くありません。

 

 「私に万一のことがあったら、子どもはどうなるのか」と住まいや生活費など心配はつきません。まず、何から対策を始めればよいのか。「親亡きあと」相談を専門におこなっている「あかるいみらい準備室」(奈良市法華寺町)の代表で行政書士、ファイナンシャルプランナーの山口まゆみさんに聞きました。

 

 

 

地域や支援者とのつながりづくりを大切に

 

 ここ5年ほどで「親亡きあとを考える」という意識が社会的に浸透し、相談件数も増えてきました。親亡きあとの相談では、いくらお金が必要かという質問が一番多いです。しかし、お金の準備はもちろん大切ですが、まずは地域で利用している施設などの支援者とのつながりを改めて確認し、万が一を想定して対応できる準備をすることが先決です。

この記事の残り文字数:3,295文字

この記事は生活情報ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「ライフスタイル」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

大英博物館ミイラ展の招待券

カルトナージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像 第3中間期・第22王朝 前800年ごろ 大英博物館 (C) The Trustees of the British Museum
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ