政治

奈良県会、119億円の補正案可決 コロナ対策など盛る

関連ワード:

 

 県議会の11月定例会は15日、本会議を再開し、新型コロナウイルス対策などが盛り込まれた総額約119億円の一般会計補正予算案など21件を原案通り可決した。一方で、公害審査会の委員任命についての人事案1件は賛成少数で否決。意見書や決議では「公職選挙法の改正を求める意見書」など5件を可決し、閉会した。

 

 公害審査会の委員任命についての人事案は、川口正志県議(創生奈良)が「委員の任命に(議会で)討論をしていない」と指摘するなど反対意見を述べた。採決の結果、賛成少数で同人事案は否決された。

この記事の残り文字数:271文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良県」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ