社会

葛城歴史博物館で特別展 古墳期の地域像交通路から探る

関連ワード:

特別展で展示されている鴨都波1号墳出土の三角縁神獣鏡=葛城市忍海の市歴史博物館

 葛城市忍海の市歴史博物館で特別展「葛城の古道を辿(たど)る―葛城の古墳と交通路―」が開かれている。19日まで。

 

 葛城地域の古墳時代の古道を、当時に政治的構造物として見せるために築かれた古墳や、遺跡との関係から探る内容。

 

 地域最大の前方後円墳、室宮山古墳(御所市)が東西道と南北道が交差する交通の要衝に立地していることを紹介。大和川水運の物流拠点に築造された大塚山古墳(河合町)などの馬見古墳群北群と、葛城地域の生産拠点が南郷遺跡群(御所市)から忍海地域(葛城市)へ移動した背景が連動している可能性も解説している。

この記事の残り文字数:231文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド