歴史文化

「日本一リアル」な屋敷山古墳馬形埴輪の脚部 発見の経緯明らかに

関連ワード:

馬形埴輪の脚部と発見経緯を申し出た西岡さん=葛城市忍海の市歴史博物館

別の写真を見る

 「日本一リアルな表現の馬形埴輪(はにわ)」とされる、葛城市歴史博物館所蔵の馬形埴輪の脚部について、発見の経緯が明らかになった。市内在住者から中学時代に屋敷山古墳(同市新庄町、5世紀中ごろ~後半)の周濠(ごう)で拾って学校に届けたと申し出があった。これまでも同古墳出土と伝えられていたが、採取の場所や状況が確定され、資料的価値が裏付けられた。19日まで開催中の特別展「葛城の古道を辿(たど)る」に合わせて、特別展示室入り口で展示している。

 

 馬形埴輪の脚部は一般的に円筒状を呈してずんぐりとしたものが多い。ところが、後ろ脚とみられるこの埴輪は断面が卵形。蹄(ひづめ)や蹄上の後ろの突起(近位種子骨)が写実的に表現され、埴輪の研究者からも注目を集めてきた。

この記事の残り文字数:658文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ