歴史文化

飛鳥京跡苑池の水路と北池、石組み溝で接続構造

関連ワード:

飛鳥京跡苑池で見つかった水路の南端護岸。石組み溝を通じて池の水が流れ落ちる=2日、明日香村岡

 日本初の本格的な宮廷庭園とされる明日香村岡の飛鳥京跡苑池(7世紀、国史跡・名勝)で、北池と水路が石組み溝で接続する構造だったことが分かり、調査した県立橿原考古学研究所が2日、発表した。北池と水路は従来、直接つながっていると想定されていた。遺構全体(南北280メートル、東西100メートル)のうち南北二つの池や水路といった主要部分の規模や構造が明確になり、平成22年に始まった史跡整備に伴う調査はいったん終了する。

 

 9月から、北池北部と水路の約1150平方メートルを調査した。

この記事の残り文字数:921文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

大英博物館ミイラ展の招待券

カルトナージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像 第3中間期・第22王朝 前800年ごろ 大英博物館 (C) The Trustees of the British Museum
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ