生活情報

わが家の窃盗被害体験記

写真はイメージです

 数カ月前、わが家が、いわゆる「泥棒」に入られました。正式には住宅対象侵入窃盗の中でも「忍込み」という「夜間、家の人が寝ている間に忍び込むもの」です。

 

 わが家は40代女性の私と夫、子どもが私の親の敷地内で別棟に暮らしている二世帯住宅。環境としては40軒ほどの家がまとまって建っていますが、その周りには田園が広がるどちらかというと田舎と呼ばれる地域です。

 

 住宅対象侵入窃盗の約6割が無施錠の窓などから侵入されているように、わが家もそれまでほぼ無施錠。玄関先で犬を飼っていることや、田舎で近所の人の顔も分かること。それまで何代も前から住んでいて被害に遭っていないことなどから油断はあったのでしょう。

 

家にある財布すべてがなくなっている!

 

 事件の発覚は朝、私が出勤する時です。家を出がけに再度かばんの中を確認した時、「あれ、財布がない」と気付きました。

この記事の残り文字数:2,574文字

この記事は生活情報ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ