社会

本納入で新モデル 奈良県書店組合と障害者支援施設が協力

関連ワード:

「フィルムと本がずれないように」と注意しながら作業する森下さん=25日、天理市二階堂北菅田町の生活介護事業所あおぞら

 県内の「街の本屋さん」33店が登録する県書店商業組合(大和郡山市下三橋町)は25日、障害者支援施設と協力し、公共図書館などへ本を納める新モデルを始動した。地域のニーズに精通した街の書店が選書を提案し、障害がある人が本をフィルムでカバー。地元の書店ならではの迅速な納品を目指す。

 

 この日、知的障害がある人らが通う生活介護事業所あおぞら(天理市二階堂北菅田町)で、利用者が学校図書用の本にフィルムを貼る作業を実演。報道関係者に公開された。利用者の森下貴茂さん(48)は1冊約10分かけて丁寧に完成させ、「きれいにできたらうれしい。頑張ります」と話した。あおぞらは今回、葛城市内の小学校3校の図書室のために約100冊準備する。

この記事の残り文字数:544文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「保健・医療・福祉」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ