社会

「奈良県の宝物グランプリ」で商品PR、3部門の県代表決定

関連ワード:

商品について解説する参加者と羽根拓也さん(右)=27日、奈良市春日野町の奈良春日野国際フォーラム

 県東南部に広がる自然豊かな奥大和地域から新たな商品やサービスを発信し、販路拡大につなげる「奈良県の宝物グランプリ」(県主催)が27日、奈良市春日野町の奈良春日野国際フォーラムで開かれた。昨年に続いて2回目の実施。

 

 調理/加工・新体験▽スイーツ▽ツアー/体験・雑貨-の3部門に計14組22事業者がプレゼンテーションを行い、羽根拓也総合プロデューサーら6人の審査員に、それぞれの商品の魅力をアピール。来年2月中旬に東京都内で開催予定の全国大会に駒を進める各部門のグランプリ、準グランプリなど各賞が決まった。

この記事の残り文字数:556文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「新商品・新開発」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

大英博物館ミイラ展の招待券

カルトナージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像 第3中間期・第22王朝 前800年ごろ 大英博物館 (C) The Trustees of the British Museum
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ