政治

生駒市がコロナ救急搬送体制で専属隊を一時解任

関連ワード:

 新型コロナウイルス感染拡大が下火になり、じわり日常の業務体制に戻す自治体の動きも広がっている。生駒市は来月1日、これまで陽性者や感染疑いのある患者を救急搬送する最前線に立っていた市消防本部(川端信一郎消防長)の「特別救急搬送専属隊」を一時解任する。今後は必要に応じ、通常の救急隊が専用救急車を使って搬送する体制に切り替える。市が生駒地区医師会に委託し運営していた地域外来検査センターも今月末で廃止する予定で、開会中の臨時市議会であす30日に議案採決する予定だ。

 

 市消防本部の特別救急搬送専属隊はコロナ感染拡大が深刻化していた昨年4月27日に発足。指導救命士の資格を持つ救急隊員らを中心に編成され、専属隊1隊を加えて救急隊は5隊から6隊体制に増強。アイソレーターを装備した予備の救急車を専用救急車として、119番通報による感染者や感染疑いのある患者の搬送、または多忙を極めた県保健所に代わる搬送業務の手伝いなど、隊員らは1カ月交代で専属隊の勤務に就いてきた。

この記事の残り文字数:550文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「生駒市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ