歴史文化

奈良の中川寺跡に高野山僧侶ら参拝

関連ワード:

中川寺跡に残る五輪塔の前で読経する僧侶ら=25日、奈良市中ノ川町

 南都仏教の戒律復興に尽くした高僧・実範(じっはん、~1144年)が平安時代後期の天永3(1112)年ごろ創建したと伝わる奈良市中ノ川町の中川寺跡に、高野山から僧侶約20人が25日、参拝した。

 

 真言宗総本山東寺(京都市)257世長者で、高野山三宝院(和歌山県高野町)の飛鷹全隆前官(78)の呼び掛けにより、今川泰伸高野山真言宗宗務総長らが参列。県内からは般若寺の工藤顕任副住職ら3人の僧侶が参列した。跡地に残る「実範上人御廟塔」(五輪塔)の前で、僧侶らの思いのこもった読経が響いた。

この記事の残り文字数:276文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ