歴史文化

常盤御前をかくまった「きしのをか」 宇陀市(1) - 奈良に息づく義経伝説【5】

関連ワード:

 源義経の母常盤御前は、近衛天皇の中宮九条院(藤原呈子)に仕える下級の女官、雑仕女(ぞうしめ)だった。鎌倉時代の軍記物「平治物語」によると、雑仕女の採用では都の美女1000人を集め、その100人の中から10人を選び、その10人の中の1人として選ばれた。室町時代の「義経記」は「常盤と申すは日本一の美人なり」と評している。

 

 「常盤御前をかくまったという話が代々受け継がれています」。そう話すのは奈良県宇陀市菟田野下野芳の岸岡淳二さん。「義経記」の「常盤都落(みやこおち)の事」の冒頭。「永暦元(1160)年正月17日の暁、常盤三人の子供引具して、大和国宇陀郡きしのをかと云ふ所に、外戚の親しき者あり、是を頼み訪ねて行きけれども…」の記述がある。岸岡家の言い伝えでは、「きしのをか」は名字の「岸岡」のこと。常盤一行をかくまった際、「岸」の一字をもらったという。

この記事の残り文字数:1,960文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良の歴史再発掘」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

新シリーズ「ビオレ ザ ハンド」2点セット

プレゼント写真
提供元:花王
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ