教育

命の大切さ、訴え 交通事故被害者遺族が西の京高で講演

関連ワード:

生徒に命の大切さを語る児島さん=22日、奈良市六条西3の県立西の京高校

 「命の大切さを学ぶ教室」が22日、奈良市六条西3丁目の県立西の京高校(東宏樹校長)で開かれ、交通事故被害者遺族でNPO法人「KENTO」代表の児島早苗さん(71)が「生命(いのち)を越すものはない」と題し講演。同校2年生約310人が参加した。

 

 平成12年に長男健仁さん(当時18歳)を亡くした児島さんは、事故から15日間、意識が戻ることを信じて息子を励まし続けた体験を語り、「大切な人に『ありがとう』や『ごめん』が言えるのは、あなたとその人が生きているから。気持ちを伝えたいと思ったらすぐに伝えて」と呼び掛けた。

この記事の残り文字数:89文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「高校・高専」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

新シリーズ「ビオレ ザ ハンド」2点セット

プレゼント写真
提供元:花王
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ