社会

奈良で「きたまちといろ」開幕 28日まで多彩な催し

関連ワード:

オープニングを飾った和太鼓グループ「宝亀殿」=22日、奈良市登大路町の奈良公園バスターミナルのレクチャーホール

 近鉄奈良駅から北側一帯を指す「きたまち」を知って好きになってもらおうと企画された「きたまちといろ」(同実行委員会主催・28日まで)のオープニングイベントが22日、奈良市登大路町の奈良公園バスターミナルレクチャーホールで行われた。今年初めて企画され、当初は8月の予定だったがコロナ禍により延期された。地元きたまちで活動する和太鼓グループ「宝亀殿」13人の演奏で力強く幕開け、同会長の山本哲也・三和製菓社長らが開会のあいさつを行った。

 

 イベントは、ゆかりの店や作家の作品などが日替わりで集まる「といろ市」(23、24日、午前10時~午後5時ごろ)を同バスターミナル2階で開催。また、期間中は、きたまちに点在する各店の個性あふれるワークショップなどの「といろ企画」、各店のモーニングを紹介する「朝ごはん」、奈良国際映画祭と共催の映画上映会も同ホールで行う(有料、要予約)。ランタンのあかりを楽しむ「きたまち宵あかり」(23、24、27日午後4時半から7時頃・入場無料)を同バスターミナル屋上で行うなど、盛りだくさんな内容で楽しめる。(各イベントの日時など詳細は同ホームページ)

この記事の残り文字数:57文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「観光・催し」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ