歴史文化

歴史ロマンの地に残る伝承 吉野町、桜井市 - 奈良に息づく義経伝説【4】

関連ワード:

 古代の天皇が行幸した地として知られる奈良県吉野町宮滝。そして宮滝と同様に「万葉集」に多く詠まれた同町菜摘(なつみ)。歴史ロマンあふれる両地域にも義経伝説が息づく。

 

 吉野山を追われた源義経一行は、万葉集に登場する「象(さき)の小川」に沿って逃れたとも言われている。吉野山と宮滝を結ぶ川沿いの登山道は「吉野宮滝万葉の道」としてハイカーに人気のルートだ。

 

 宮滝側から登ると、山道に入ってからしばらくして脇にそれた場所に「高滝」がある。高さ約10メートル。江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)が各地の有名な滝を題材にした「諸国瀧廻り」に「和州吉野義経馬洗瀧」があり、「描かれた絵の雰囲気から、この高滝を描いたものだと地元では言われています」と中東洋行・吉野歴史資料館学芸職員は話す。山道に戻り、さらに吉野山へ登っていくと、静御前が化粧をしたと伝わる「化粧岩」「鏡岩」も存在するという。

葛飾北斎が描いた「和州吉野・義経馬洗の滝」と考えられている高滝

この記事の残り文字数:2,008文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良の歴史再発掘」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

新シリーズ「ビオレ ザ ハンド」2点セット

プレゼント写真
提供元:花王
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ