歴史文化

謎多き太子の足跡 斑鳩文化財センター、28日まで特別展

関連ワード:

考古資料を通じて、聖徳太子の足跡をたどる展示=斑鳩町法隆寺西1の斑鳩文化財センター

 斑鳩町法隆寺西1丁目の斑鳩文化財センターで、秋季特別展「続・聖徳太子の足跡-遠つ飛鳥と近つ飛鳥」が開かれている。関連する遺跡の出土遺物や史料を通して謎の多い聖徳太子(574~622年)の足跡をたどっている。28日まで。

 

 没後1400年を記念し、今回は町外の遺跡を中心に、聖徳太子に関連する史料約80点を展示。太子の墓は大阪府太子町にある磯長墓とされるが、石室の型式などから推定される造営時期と太子の没年に開きがあり「太子の墓ではない」「改葬した」といった説がある。展示では現在は立ち入れない磯長墓石室内部を記した「正徳六年法隆寺年会日次記」(法隆寺所蔵)や同じ石室型式を持つ古墳の紹介を通じて謎に迫っている。

この記事の残り文字数:251文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ