政治

御所市、新火葬場の起工式 - 令和5年4月開業へ

関連ワード:

起工式で神事「穿初(うがちぞめ)の儀」を行う東川市長(中央)=18日、御所市朝妻の新火葬場建設計画地

 御所市が同市朝妻、僧堂両地区で建設を進める新火葬場の起工式が18日、東川裕市長ら関係者約60人が出席して行われた。今年4月に造成工事を始め、来週から新火葬場の建設に着工。令和5年2月末の完成、同4月の開業を予定している。

 

 敷地面積は約3万700平方メートルで、新火葬場のほか公園なども整備。火葬棟は鉄筋コンクリート造り2階建てで、火葬炉3、動物炉1があり、待合棟などを含む延べ床面積は約2700平方メートル。総事業費は約24億6600万円。同市営墓地内にある現在の火葬場は昭和39年に供用開始され、建物や煙突など老朽化が進む。骨上げまでに時間がかかり、バリアフリーなど設備も不十分なため、対策が課題となっていた。新火葬場完成後は解体され、合葬墓の設置などが検討されているという。

この記事の残り文字数:155文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「御所市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ