経済

人生を豊かにする奉仕 - 奈良西ロータリークラブ通信

関連ワード:

11月の第1例会で卓話を行う第2650地区職業奉仕委員会の村島靖基副委員長

 奈良西ロータリークラブは11月の第1例会で第2650地区職業奉仕委員会の村島靖基副委員長(村島硝子商事代表取締役)を招き、「職業奉仕」についての卓話を行った。

 

 本年度(2021~22年)の国際ロータリー会長シェカール・メータ氏のテーマ「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」に基づくもの。

 

 村島副委員長は、職業奉仕の考え方の基礎となる「『4つのテスト』~言行はこれに照らしてから~」を引用し、60年以上前のロータリアンであるハーバート・テーラーが創案した倫理指針(1)真実かどうか(2)みんなに公平か(3)好意と友情を深めるか(4)みんなのためになるかどうか―について話をし、「これらを判断基準にロータリーの会員は職業を通じた活動を奉仕として実践している」と語った。

 

 村島副委員長は、印象に残る話として、あるロータリアンから聞いた話を紹介。そのロータリアンは「自分は永年出席100%を続けている。仕事が忙しかったため、会長、幹事にはなれなかったが、ロータリーに入会して以来『4つのテスト』だけは30年の間、仕事をする時にいつも心の中に持っていた。そのおかげで私のような小さな商売をする者でも、ロータリーを辞めなくてすんだ」という話を紹介。

 

 村島副委員長は「私はこの言葉を聞いてこれこそが職業奉仕の極意だと悟った」と卓話を結んだ。

「労働・働き方・賃金」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「禅寺の学問」展の招待券

重要文化財「白楽天図 無学祖元賛」(はくらくてんず むがくそげんさん) 伝趙子昂筆(でんちょうすごうひつ) 一幅 絹本著色 南宋時代 13世紀 鹿苑寺蔵
提供元:相国寺承天閣美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ