経済

過労死防止へ認識新た 奈良でシンポ

関連ワード:

働き方の変革を呼び掛ける榎森氏=16日、奈良市登大路町の県文化会館

 11月の過労死等防止啓発月間に合わせた、厚生労働省の「過労死等防止対策推進シンポジウム」(県など後援)が16日、奈良市登大路町の県文化会館小ホールで開かれた。県内の企業、労働関係者ら約90人が参加し、講演や過重労働で死亡した人の遺族の報告などを通して過労死防止への認識を新たにした。

 

 働き過ぎやパワーハラスメントなどで心身の健康を害することが深刻な社会問題となる中、過労死の現状を知り、課題や防止策を探ろうと全国で実施されている。シンポジウムでは、天理市出身で「せやろがいおじさん」の愛称でも知られるタレントの榎森耕助氏が「過労死と働き方について考えよ~」で基調講演。過労死ラインや過労死認定基準について再確認したあと、働き方と社会状況の変遷に触れ「労働者人口の多かった時代の働き方は、人的資源の少ない現代には合っていない」と指摘した。

この記事の残り文字数:273文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「労働・働き方・賃金」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「禅寺の学問」展の招待券

重要文化財「白楽天図 無学祖元賛」(はくらくてんず むがくそげんさん) 伝趙子昂筆(でんちょうすごうひつ) 一幅 絹本著色 南宋時代 13世紀 鹿苑寺蔵
提供元:相国寺承天閣美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ