教育

形から入り 精神入れる - 奈良大で狂言師・茂山千三郎さん講義

関連ワード:

特別講義で狂言について紹介する茂山千三郎さん=奈良市山陵町の奈良大学

 奈良市山陵町の奈良大学でこのほど、国文学科の特別講義が開かれ、講師に招かれた大蔵流狂言師の茂山千三郎さんが「狂言を通して見えてくる日本人の和(わ)らい」と題して講演した。会場で学生約20人が参加したほか、他の学生は撮影されたアーカイブ録画で受講する。

 

 茂山さんは狂言の笑い方を実演し、「狂言は喜劇。心をひきつける演技も取り入れられた」などと紹介。悲劇性の強い能との違いも説明し、「能で緊張したものを狂言で緩和させる、その繰り返しが能楽の正式なプログラム。狂言があることで能を楽しむことができる」と語った。

この記事の残り文字数:177文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「美術・音楽・芸術」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ