生活情報

子どもたちにも現代アートを

関連ワード:

「住み開き」型スタイルで展開しているコミュニティスペース「maruroom(マルルーム)=奈良市芝辻町

 芸術やアートという言葉を聞くと、「高尚な世界」をイメージしてしまう人も多いのでは。アート先進国と言われるヨーロッパでは、小さいころからアートについて対話し、気軽に意見を交わしたり議論したりする文化が育っているそうです。

 

 奈良県でも、芸術文化に親しんでもらおうと「なら歴史芸術文化村」の開設が進むなど、行政でも芸術振興に力を入れています。

 

 そしてより身近にアートに触れ、子どものころから親しみを感じて欲しいと、自宅の機能を保ちながら建物の一部を展示スペースとして開放する「住み開き」型スタイルで展開している、コミュニティスペース「maruroom(マルルーム)」が奈良市にあります。

この記事の残り文字数:1,303文字

この記事は生活情報ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「子育て」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ