社会

仏教の世界感じて 聖林寺でマンダラ展

関連ワード:

極楽浄土の世界を描く「当麻曼荼羅」=桜井市下の聖林寺

 桜井市下の聖林寺で、曼荼羅(まんだら)の世界を紹介する「マンダラ展」が開かれている。30日まで。

 

 死後の極楽浄土の世界を描いた、一辺2メートルの「当麻曼荼羅」(江戸時代)、密教との関わりが深い「胎蔵曼荼羅」(室町時代)など寺所蔵の15点を展示。珍しい観音菩薩の浄土を描いた「補陀落山(ふだらくせん)曼荼羅」(南北朝時代)は、市の文化財に指定されている。同寺で節分の加持祈祷(きとう)に使用する星曼荼羅(江戸時代)は、さそりや双子など12星座の絵と北斗七星なども描かれていて、古代の星占いを表すと伝わる。

この記事の残り文字数:148文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

大英博物館ミイラ展の招待券

カルトナージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラと、CTスキャン画像から作成した3次元構築画像 第3中間期・第22王朝 前800年ごろ 大英博物館 (C) The Trustees of the British Museum
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ