社会

オリーブを王寺の新特産品に 産官学連携で栽培 - 福祉施設利用者ら収穫

関連ワード:

オリーブを収穫する「ポエム」の施設利用者と職員=10日、王寺町南元町

 王寺町の新たな特産品を作る取り組みとして、産官学連携でオリーブ栽培が進められている。10日は、町福祉作業所「ポエム」の施設利用者と職員が、実を収穫した。

 

 同町のオリーブ栽培は、元郵便局長の池田興仁さんが、「町有地ののり面を有効活用したい」という話を聞き、平成29年から始めた。同町の年間の降雨量、風の強さがオリーブの産地小豆島と似ていて栽培に適した土地であること、斜面で栽培できることに着目した。池田さんは「奈良和園 王寺オリーブ開発」を立ち上げ、町は町有地の南元町北側斜面を試験的栽培地として提供。昨年初めて収穫した。

この記事の残り文字数:254文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「王寺町」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ