社会

収穫物の実りに感謝 桜井・玉列神社

本殿前で神楽を舞う巫女=12日、桜井市慈恩寺の玉列神社 拡大

 桜井市慈恩寺の大神神社摂社・玉列神社で12日、例祭が営まれた。新型コロナウイルス感染防止対策で、神事は地元区長ら約30人で実施。「お餅まき」など例年の行事も中止された。

 玉列神社は大神神社の祭神、大物主命の御子神、玉列王子神を祭る。例祭は収穫物の実りに感謝するために営まれる。

 祭主を務めた大神神社の鮫島秀礼権宮司が祝詞を奏上した後、2人の巫女(みこ)が本殿前で神楽「浦安の舞」を奉納した。

 このあと大神神社の鈴木寛治宮司や地元区長、玉列神社世話人会代表ら4人が玉串をささげた。

 祭典後、鈴木寛治宮司は「稲、田、地域の神に感謝しにぎやかに祭りを行いたいが、今年も代表の方のみ参加いただいた。一日も早くコロナが終息することを願ってやみません」とあいさつし、地域の発展と人々の健康を願った。

 

 



▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メモ機能付きポリ袋オープナー

プレゼント写真
提供元:ヒサゴ
当選者数:5人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報