総合

橿原市本庁舎、17年後めどに機能を分庁舎に集約 亀田市長

17年後をめどに市役所本庁舎機能を集約する案が示されたミグランス=橿原市内膳町1 拡大

 現庁舎の耐震性不足などが課題となっている橿原市役所本庁舎整備について、亀田忠彦市長は14日、市議会特別委員会で、既存施設に庁舎機能を分散し、17年後をめどに分庁舎やホテルなどが入る近鉄大和八木駅前の複合施設「ミグランス」に庁舎機能を集約化する考えを表明した。亀田市長は「集約化による利便性を確保しつつ、(現本庁舎跡地で)にぎわいを創出できる」と理由を述べた。本庁舎の位置を変更するために必要な議会の3分の2以上の同意を得るのは困難な情勢とみられるが、亀田市長は市議会の12月定例会にも、事業として進めるための関連議案の提出を目指す。

 17年後とは、集約先とする複合施設で市が特定目的会社(SPC、大林組など設立)と結ぶ、管理運営の契約期間を終える令和20年を想定。平成30年2月に開業した同施設は現在、1~4階は市役所分庁舎、5~10階はホテルが入っている。この案が実現した場合、施設改修を経て地下1階の駐車場を含む建物全体が本庁舎になるという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報