考古学

平城宮跡東院地区に最大規模の建物跡

 奈良市の平城宮跡東院地区で奈良時代後半の大型建物跡が見つかり、調査した奈良文化財研究所(奈文研)が30日、発表した。平城宮内でも最大規模の掘っ立て柱建物で、東院の中軸線付近に位置する場所や付属施設を伴う格の高さなどから、奈文研は「天皇クラスの宮殿の中心建物である可能性が高い」としている。

 東院地区の北部924平方メートルを調査。柱を据え付けるために掘られた穴を50個検出した。穴は隅丸方形で一辺1~1・8メートル。柱間寸法は3メートルで、建物は東西9間(27メートル)、南北4間(12メートル)。建物内部にも柱を配置した総柱の掘っ立て柱建物であることから床張りで、屋根には檜皮(ひわだ)などの植物性の材がふかれたと考えられる。建物の北側には縁側の痕跡もあった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ガイド本「御朱印でめぐる全国の聖地」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報