社会

アクションプラン策定 - 仲川市長、強い危機感/奈良市がコロナ対策会議

 奈良市は13日、第32回新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染拡大防止への市の取り組み強化として「アクションプラン」をまとめた。入院・入所待機者の健康確認を行う「自宅待機者支援チーム」の設置や人流データを計測するパケットセンサーの市内主要駅への設置拡大などが柱。仲川元庸市長は市の現状を「ステージは実質4の段階」との強い危機感を示した。

 仲川市長は11日の市内の感染状況が、直近の1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数が39・72人。県も42・33人になったことを挙げ、「保健所を持つ中核市として取り組むべきプランをまとめ、具体的な行動をとっていく。独自にやれることを見つけ出し、やれることはすべてやる」と述べた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

JTマーヴェラスの優勝記念Tシャツ

プレゼント写真
提供元:日本たばこ産業大阪支社
当選者数:5人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報