社会

法隆寺で「聖徳太子1400年御遠忌」結願 - 太子ゆかりの舞楽奉納

最終日に奉納された聖徳太子にゆかりが深い舞楽「蘇莫者」=5日、斑鳩町法隆寺山内の法隆寺 拡大

 1400年御遠忌を迎えた聖徳太子の遺徳をしのび、斑鳩町法隆寺山内の法隆寺で営まれてきた「聖徳太子1400年御聖諱(ごしょうき)法要」は5日、最終日を迎え、結願の「管絃講」が行われた。

 午後0時半ごろ、雅楽を演奏する南都楽所(がくそ)を先頭に、古谷正覚管長ら僧侶などの行列が東院伽藍(がらん)を出発。法要の舞台がある西院伽藍へと進んだ。

 西院伽藍内の法要では、南都楽所が聖徳太子にゆかりが深い舞楽「蘇莫者(そまくしゃ)」を奉納。太子が笛を吹いていると山の神(老猿)が現れて喜び舞ったという伝承に基づいた演目で、太子に扮(ふん)する笛役の笛に合わせて、猿の面を着けた舞人が前後左右に猿のような動きをして舞った。

 続いて清水寺(京都市東山区)の森清範貫主が慶讃文を読み上げ、舞台上で雅楽が演奏されて聖徳太子をほめたたえる讃嘆式や太子和讃が唱えられた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報