社会

柿渋ひのき マスク好評 - 抗菌効果と強度向上/南都木材産業

ひのきマスクを手にする福田富夫社長(右)と福田尚弘さん=吉野町飯貝の南都木材産業 拡大

 吉野町飯貝の南都木材産業(福田富夫社長)は、新型コロナウイルスの不活性化に有効とされる渋柿をコーティングした「柿渋ひのきマスク」をインターネット上で発売し、好評を得ている。

 来年、創業50周年を迎える集成材メーカーの同社は昨年2月のマスク不足時に社の鉋屑を活用した「吉野ひのきマスク」を発売。花粉症にも効果があるという同マスクに柿渋のコーティングを施し、抗菌効果の向上を図った。

 渋柿が新型コロナウイルスの不活性化に有効とする県立医大の研究成果を新聞報道で知った同社開発担当の福田尚弘さんが発案。柿渋を取り寄せてひのきマスクに塗布してみたところ、艶が出て強度も増した。無臭柿渋を使用したため、ヒノキ本来の香りは全く影響を受けていないという。

 福田社長は「このマスクが吉野材の良さを見直してもらえる切っ掛けになれば嬉しい」と話す。770円(税込み)。

 問い合わせは、同社、電話0746(32)8409。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

親子の幸せを描いたファーストブック

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報