考古学

玉座の隣部屋に食糧庫 - 王の食卓を復元/ウズベキスタンの王城調査

玉座の部屋の近くで見つかった食糧庫=令和元年9月、ウズベキスタン・サマルカンド市のカフィル・カラ城(帝塚山大学提供) 拡大
調査成果を基に復元された歌舞音曲を伴う供宴の想像図(帝塚山大学提供) 拡大

 ウズベキスタン・サマルカンド市のシルクロード都市の遺跡「カフィル・カラ城」(5世紀ごろ~8世紀初め)で、玉座がある部屋に隣接する場所で食料庫跡が見つかり、帝塚山大学などの調査団が5日、発表した。同大は「王の食卓を復元できる極めて珍しい事例で貴重な成果」としている。

 カフィル・カラ城はシルクロードの交易を担ったソグド人の王の離宮跡。

 同大や国立民族学博物館でつくる日本隊は平成27年度から、ウズベキスタン考古学研究所と共同で発掘調査を実施。令和元年9月の調査で、玉座がある部屋の近くで新たに食料庫が見つかった。

 食料庫は中央に列柱が並ぶ2階構造。幅約3・1メートル、奥行き約11・2メートル、2階を含む高さ約2・7メートル。1階(地下蔵)の入り口側には少なくとも13個の大がめ(口径約60センチ、高さ1メートル以上)が据えられていた。酒や油の貯蔵用とみられ、内部に付着した炭化物の状態からワインやオリーブオイルを入れていたと考えられている。

 1階の奥側では、中央アジアで確認されるのは珍しいアワのほか、ムギやマメ、ニンニク、クルミの炭化物が出土。ハチミツの入った容器も見つかった。

 調査団は成果を基に、これまでに出土した動物骨やソグド人の壁画も参考にして王の食卓を復元。メニューはパンのほかアワのかゆや団子、ワインなどで、肉類は羊肉が中心だったと推定した。また玉座の部屋の前には大型建物があり、歌舞音曲を伴う供宴が行われていた可能性が高いという。

 食料では、ハチミツは西方のギリシャ、アワは東アジアの影響が考えられ、日本隊代表の宇野隆夫同大客員教授は「考古資料から王クラスの食卓を復元できるのは極めてまれ。東西交流を考える上でも重要な成果が得られた」と話す。

 同大は10日から、研究成果を報告する講座をインターネットで配信する。31日まで。視聴無料。申し込みは同大ホームページから。

 問い合わせは同大総務課、電話0742(48)9122。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

吹奏楽コンサートの招待券

セントシンディアンサンブル
提供元:セントシンディアンサンブル
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報