社会

コロナ対策に38億円 - 新予算案や補正案など 医療整備など柱 飲食店の支援も/奈良市

 奈良市が22日発表した令和3年度一般会計当初予算案では、新型コロナウイルス感染症対策費に32億3938万円が盛り込まれた。ワクチン接種費用14億2084万円を含む29億972万3000円が地方創生臨時交付金や三次補正などの国費で、全体の9割を占める。新型コロナに関しては、3月議会に同時提案される2年度補正でも病院事業会計(4610万7000円)を含め2億1791万6000円を計上。2月の市長専決処分(4億862万円)と合わせると総額38億6591万6000円になる。

 市は38億円余りの新型コロナ関連予算に四つの柱を立て、このうち「医療提供体制の整備と感染拡大の防止」に、多くを占める約29億4823万円を割り振った。主な内容としては、接種券の郵送や電話による接種予約など手続きに関する接種費用約14億円のほか、接種事務に関係する会計年度任用職員などの人件費、接種会場借り上げ料といった接種体制確保に7億1840万7000円を当てた。このほか市立奈良病院に重症患者受け入れ体制整備でのエコー2台、モニター21台といった機器購入や医療従事者等への防護具購入などに4610万7000円、聴覚障害者との意思疎通支援のテレビ電話方式による遠隔手話通訳サービス導入に201万1000円など。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報