総合

7人超過、激戦火ぶた - コロナ禍で地域疲弊 立て直し策注目/橿原市議選

 任期満了に伴う橿原市議選が31日、告示された。定数23に対し現職21人、新人9人の計30人が立候補し、7人超過による激しい選挙戦に突入した。新型コロナウイルスの感染拡大か続く中での選挙となり、出陣式を取りやめたり、規模を縮小する候補者が相次いだ。前回、過去最低を更新した投票率がさらに低下することも懸念されている。投開票日は2月7日。

 立候補者の政党別は、自民9人▽立憲民主2人▽公明4人▽共産3人▽維新2人▽無所属10人。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

春季特別展「動物の息吹」の招待券

大橋翠石「猛虎護児之図」
提供元:小林美術館
当選者数:5組10人
  • 4月7日は「よんななの日」47都道府県の名産品プレゼント!
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報