総合

知事「効果見極める」 - 新型コロナ ワクチン体制準備/非常事態宣言

 新型コロナウイルス感染症対策で荒井正吾知事は20日、近隣府県を含む11都府県に非常事態宣言が発令されたことなど踏まえた対応を協議するため、26日に県対策本部会議を開く方針を明らかにした。発生が相次いでいるクラスター(感染者集団)対策、ワクチン接種に向けた体制整備、受け入れ病床の確保―の3点を主なテーマに協議する。

 同日の定例記者会見で荒井知事は、政府が発令した非常事態宣言について「まずは宣言の効果を見極めたい。大都市と近隣、地方では状況が違う。地域の特性に応じた分析が進めば、県としても追随するかなど検討、効果的な対策を打てるようになる」とし、国による情報収集、分析に期待を寄せた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報