社会

悪疫、進入禁止 - 一年の無事祈願/明日香で綱掛け神事

かけ替えた「男綱」の下で行われた神事=11日、明日香村稲渕 拡大

 明日香村稲渕で11日、飛鳥川に渡したしめ縄「男綱」をかけ替える伝統行事「綱掛け神事」が行われた。地域住民や観光客らが参加し、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄、無病息災などを願った。

 同地区の入口に位置する神所橋の上にかかる綱を毎年替え、川や道から集落に悪疫が入るのを防ぐ。同日、同様の行事があった上流の同村栢森のものは「女綱」と呼ばれて対をなしている。

 中央に男性を表すシンボルが付いた綱を、地域の住民や観光客らが協力してかけ替えると、飛鳥坐神社の飛鳥弘文宮司が「新型コロナウイルスに負けず、大きな幸せに包まれるように」と一年の無事を祈願した。

 参列した同村の森川裕一村長は「古来、疫病や干ばつを克服して新しい未来を切り開いてきた。村や日本全体が鎮まれば」とご利益に期待した。

 また同地区の小倉基次総代(69)は「行事をしなかったために疫病が起こった年があったとも伝え聞き、新型コロナ禍でも中止の声はなかった。元気で明るく過ごせる年になれば」と願いを口にした。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「大人の嗜(たしな)み 立花・鉄砲・古画鑑賞」の招待券

「花車図屏風(左隻)」江戸時代前期、真正極楽寺(真如堂)蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報