社会

駅前に時計塔設置 - 新たなシンボルに

あすかロータリークラブが明日香村に寄贈した時計塔=24日、明日香村越の近鉄飛鳥駅前広場
 奉仕団体あすかロータリークラブは、創立30周年を記念して明日香村越の近鉄飛鳥駅前広場に時計塔を設置。24日、同広場で寄贈式を開いた。東西南北を向いた4面には同村のキトラ・高松塚両古墳の壁画(いずれも国宝)で知られる四神を描いた。飛鳥地方の玄関口の新たなシンボルとして観光客らに親しまれそうだ。

 時計塔は、高さ5・4メートル。時計盤を2面に配置し、周囲にヒノキ製のベンチ計4台を設置した。夜間は内部に埋め込んだLED(発光ダイオード)が自動で照らす。事業費は約1500万円。…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ