社会

まちなかに「水族館」 - 28店舗の店頭で金魚30品種飼育/大和郡山市の柳町商店街

店主から水槽の金魚の説明を聞く子どもたち=22日、大和郡山市柳2 拡大
「金魚大好きまつり」会場に展示された「千尾金魚」=22日、大和郡山市北郡山町の市役所駐車場 拡大

 大和郡山市の柳町商店街に22日、各店舗の店頭に金魚が泳ぐ「まちなか金魚水族館」がオープンした。同商店街協同組合が進めてきた「金魚ストリート計画」の一環。同商店街(南北約700メートル)の28店舗に水槽を常設。30品種の金魚を1水槽1品種で飼育し、「金魚のまち」をアピールする。

 同商店街の「第10回柳神くん祭り」に合わせて「まちなか金魚水族館」のオープニングセレモニーが行われ、上田清市長のほか、市商工会の中野雅史会長、市観光協会の猪岡寛行会長、同商店街協同組合の北谷光徳理事長が、会場の水槽に金魚を放流。同時に各店舗の水槽が除幕された。

 水槽は小さなものから球形、ショーウインドー一体型など多彩で、金魚の飼育は各店舗が担当する。

 「金魚ストリート計画」を発案、推進してきた北谷理事長は「計画の発案から約10年。ようやく、泳ぐ金魚をいつでも見られる商店街になった」と喜びを語り、「水槽を見ることで、地元の子どもたちに『金魚のまち』に住む誇りを持ってほしい」と話した。

 この日は、同商店街近くの市役所駐車場(同市北郡山町)で「金魚大好きまつり」も開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大防止で中止となった8月の全国金魚すくい選手権大会に代わるイベントで、来場者は金魚すくいなどを楽しんだ。会場にはコロナ終息を願って全国から届いた「千尾金魚」7万4717尾も展示された。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報