総合

新たな立民県連、結成 - 代表に馬淵氏/所属議員14人で船出

 旧立憲民主党と旧国民民主党の合流に伴う新たな立憲民主党県総支部連合会の結成大会が15日、奈良市法蓮町のリガーレ春日野で開かれた。代表に馬淵澄夫衆院議員を選任した。新県連には旧国民県連の地方議員17人のうち11人、旧立民県連からは全地方議員2人が合流。国政の馬淵代表を合わせた議員計14人でのスタートとなった。

 大会は新型コロナウイルスの感染対策で議員ら関係者だけに限定した約50人が出席。代表代行に高柳忠夫元県議、幹事長に藤野良次県議、幹事長代理に柿本元気奈良市議らを充てる新役員を馬淵代表が指名。続いて、透明性が高く、県民に開かれた公平な組織づくりや、近づく総選挙に向けての県連体制の強化、来年2月の橿原市議選から続く地方選挙での勝利などの目標を掲げた活動方針が承認された。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ガイド本「御朱印でめぐる全国の聖地」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報