社会

高円宮妃久子さま 正倉院展に - 工芸技術など熱心に質問も

正倉院展会場に到着され、出迎えを受ける高円宮妃久子さま=9日、奈良市登大路町の奈良国立博物館(代表撮影) 拡大

 高円宮妃久子さまが9日、奈良市登大路町の奈良国立博物館を訪れ、開催中の「第72回正倉院展」を観覧された。

 久子さまは同館の松本伸之館長や内藤栄学芸部長、宮内庁正倉院事務所の西川明彦所長らの案内で、約1時間半かけて出陳品一つ一つを丁寧に鑑賞された。

 特に献物を入れた箱「朽木菱形木画箱(くちきひしがたもくがのはこ)」には、優れた工芸技術や保存状態の良さに「素晴らしい」と感心され、「中はどうなっているのですか」「鍵はどう付くのですか」と熱心にご質問された。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「大人の嗜(たしな)み 立花・鉄砲・古画鑑賞」の招待券

「花車図屏風(左隻)」江戸時代前期、真正極楽寺(真如堂)蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報