考古学

興福寺 五重塔正面に門跡 - 造営時の配置、再建で踏襲か

五重塔正面で確認された門の礎石抜き取り穴=9月24日、奈良市登大路町の興福寺 拡大

 奈良文化財研究所(奈文研)は、奈良市登大路町の興福寺で、かつて東金堂と五重塔の周囲を区画した「東金堂院」にあった五重塔正面の門の跡を確認した。奈文研は「再建後あるいは改修後の姿と考えられる」としている。

 東金堂院は北面と西面が1本の通路による単廊、東面と南面が築地塀と考えられている。奈良時代に造営された東金堂と五重塔は火災に何度も遭い、現在の建物は1420年ごろに再建されたが、回廊は残っていない。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 政府広報防災
  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

郡山城跡での盆梅展の招待券

過去の大和郡山盆梅展の会場風景
提供元:大和郡山盆梅展実行委員会
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報