経済

県産「大和橘」を使用 - 新商品フィルハーモニー 年末まで限定販売/クラフトビール製造の「奈良醸造」

ビールが苦手な人にもなじみやすいという「フィルハーモニー」=奈良市北之庄西町1の奈良醸造 拡大

 クラフトビール製造の「奈良醸造」(奈良市、浪岡安則代表)が、県産の大和橘(ヤマトタチバナ)を用いて造った商品「Philharmony(フィルハーモニー)」を発売した。12月末までの限定販売を予定している。

 日本固有種の大和橘は、準絶滅危惧種に指定されている。大和橘の皮でクラフトジンを製造する大和蒸溜所(御所市)に、使用しない実の部分を分けてもらい、新たなクラフトビールの商品開発が実現した。

 奈良醸造は平成29年に設立。果物やハーブなど50種類以上の副原料を使ったビールを製造している。ただ県産品を材料にするのは、今年6月の大和茶に続いて2度目。副原料には大和橘のほかハーブのレモングラス、コリアンダーも使い、各素材の「調和した楽団」とのイメージを商品名にした。

 浪岡代表は「ビールが苦手な人もなじみやすい、みずみずしい味。これからの商品開発では県産材料にも目を向けていきたい」と話す。

 新商品はアルコール度数4・5%。価格は375ミリリットル瓶入りで900円(税別)。賞味期限は約3カ月で、要冷蔵保存。県内外の酒販店や奈良醸造のオンラインストア、同社工場併設のタップルーム(週末のみ)で販売している。

 問い合わせなどは同社、電話0742(64)0108。ウェブサイトはhttps://narabrewing.com

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介