総合

人口増か財政改革か - インフラ整備で歳出増/葛城市長選 争点と課題(上)

昨年オープンした磐城小学校区学童保育所。人口増にはインフラ整備も必要だ=葛城市南今市 拡大

 任期満了に伴う葛城市長選挙は18日、告示される。人口増を目標に「5万人チャレンジ」を掲げる現職と、財政悪化や予算の膨張を警戒する新人の計3人が立候補する見込みで、将来的な人口増を目指すのか、財政改革を優先するか、激しい舌戦となりそうだ。

 現在の葛城市の人口は約3万7000人、5万人の目標は、20年間人口増を続ければ達成できるという。同市は東洋経済新報社の「都市データパック2020年版」の住み良さランキングで大阪市に次ぐ近畿2位に位置付けられた。ほかにも、18歳までの医療費助成や老齢人口当たりの介護施設定員が全国で上位に入る。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介