社会

幕末駆けた五代友厚描く - 森・田原本町長も出席 多くの人に見てほしい/大阪で「天外者」試写会

映画「天外者」で五代友厚を演じる故・三浦春馬さん((C)2020映画「五代友厚」製作委員会) 拡大
五代の妻・豊子にふんした蓮佛美沙子さん((C)2020映画「五代友厚」製作委員会) 拡大

 25日、大阪市中央区の大阪商工会議所で行われた五代友厚が主人公の映画「天外者(てんがらもん)」の試写会には関係者ら約300人が来場。五代の妻・豊子の出身地・田原本町の森章浩町長も来賓として出席した。

 圧倒的な熱量で幕末から明治初期を駆け抜けた五代の偉業を顕彰、発信しようと市民有志が立ち上げた「五代友厚プロジェクト」(広田稔代表)が7年の歳月をかけて悲願の映画化を達成。新型コロナウイルスの影響で公開が遅れていたが12月11日、全国のTOHOシネマズなどでの封切りが決まった。同プロジェクトを核とする製作委員会には奈良新聞社も加わっている。

 作品は7月に死去した三浦春馬さんが演じた五代を中心に坂本龍馬、岩崎弥太郎ら日本の未来のために奮闘した青年たちと五代の妻・豊子らの姿を描いた青春群像。舞台あいさつで田中光敏監督は「三浦春馬とたくさんの役者の最高の芝居を、大阪から日本中へ、そして世界へと送り出したい」とあいさつした。

 主な出演者は坂本龍馬役の三浦翔平さん、岩崎弥太郎役の西川貴教さん、若きの伊藤博文を演じた森永悠希さんら。五代の繊細さ、優しさを引き出す遊女はる役の森川葵さん、五代を理解し、支えた妻・豊子を演じた蓮佛美沙子さんら女優陣も光る。

 森町長は「豊子は五代友厚の志に賭け、その生き様を支えた。五代の志を未来につなぐことができるよう、この映画をぜひ、多くの方に見ていだきたい」と話した。

 上映の詳細は公式ウェブサイト https://tengaramon-movie.com/

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報